日本語教師のアルバイト

日本語教師のアルバイトってどんな感じ?誰でも簡単になれるのか? - 日本語教師のアルバイト

日本語教師のアルバイト

htrths
皆さんは「日本語教師」という職業をご存知でしょうか。
今では、正社員としてばかりではなくアルバイトでの求人情報なども見受けられる機会が増えています。
とはいえ、仕事の内容から日本語教師になるためには?などといった部分に就いてはご存じないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、改めて日本語教師について見ていきましょう。

仕事内容について

まずはアルバイトをする・探す上で覚えておきたい仕事内容について見ていきましょう。
日本語教師とは、日本語以外の言葉を母国語にしている海外の方に対して日本語指導を行うといった仕事内容になります。
具体的な職場についてですが、日本国内においては、日本語学校やスクールまたは個人単位で指導を行う家庭教師などというスタンスがあります。
また、海外の大学や海外の日本語学校または、発展途上国で指導に当たっている方も多くいらっしゃるのです。
アルバイトという視点においては、日本国内での指導にあたる求人が多いようです。

求められる資質などについて

まず大切なのは「日本語能力」でしょう。
たとえば、日本語についての知識がない方々に対して指導を行うわけですから、わかりやすく伝える指導力があると良いでしょう。
また、日本語を学びたいという方においては、実にさまざまな国籍や年齢の方々がいらっしゃいます。
ですから、それぞれの生活習慣さらには文化から宗教なども異なってくるといえるでしょう。
それぞれの価値観を認めるという大きなスタンスを持っていることも大切になってきます。

日本語教師になりたいという方へ

jtdjyd
日本語教師のアルバイトをしてみたい。
そのように考えている方の中には、資格取得が必要七日など具体的な「条件」について気になる場合もあるでしょう。
その名前に「教師」という言葉が入っているものの、日本語教師は必須資格というものが設定されていません。
ですから、比較的にさまざまな方にお仕事をしていただけるでしょう。
ただし、先にも触れたように、知識や指導方法というものを身につけていることが望ましいともいえるでしょう。
ですから、日本語学校の多くにおいてはその基準として「日本語教育能力検定試験に合格していること」ですとか、「日本語教師養成口座などを合計420時間以上を受講し修了していること」といったガイドラインを提示しているところも多いでしょう。
ただしこれは、全ての日本語学校で掲げられているというわけではありません。
実際にアルバイトをしている方の仲には、大学などで日本語教育を専攻している・修了しているという方も多いようです。

採用と時給について

アルバイトをするにあたり、やはり気になるのが時給ではないでしょうか。
常勤・非常勤という2つのスタンスがあることが多く、アルバイトですと後者のケースが大半です。
時給の平均については1800円から2000円程度がその基準です。
担当する授業数によってもこれは変動するものであり、授業数が増えるほどに収入も増えるでしょう。
こうした詳細については、各求人募集に記されているかと思いますので事前確認をしておくとよいでしょう。

日本語教師としてのお仕事

今回は、日本語教師についてアルバイトという視点から見ていきました。
「勉強を教える」というのはもちろんですが、コミュニケーション要素というものも強い仕事であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
自らスキルを持っているなどという方はぜひとも活用してみてください。